本文へジャンプ
最新レポート

2015年度 こころを育む活動 全国大賞 決定!

  • 2015年12月10日
  • 子どもたちの「こころを育む活動」

line_kokoro

  • 募集概要
  • 2015年度表彰式
  • 過去受賞

この度は、「子どもたちの“こころを育む活動”」募集にたくさんのご応募をいただき、

ありがとうございました。厳正なる選考の結果、下記の通り、4件の授賞が決定いたしました。

line_kokoro_2

全国大賞

鹿角市立八幡平(かづのしりつはちまんたい(中学校

(秋田県鹿角市八幡平字諸田4番地1)

八幡平ボランティアガイド

優秀賞

一般社団法人 キッズ・メディア・ステーション

(宮城県仙台市青葉区上杉5-3-47-202)

つくる力・つたえる力・つながる力を育む『石巻日日こども新聞』

とどろみの森学園 箕面市立止々呂美(とどろみ)小・中学校

(大阪府箕面市森町中1-23-14)

とどろみに生きる

奨励賞

特定非営利活動法人 湘南市民メディアネットワーク

(神奈川県藤沢市藤沢93 新堀学園ライブ館2階)

映像制作授業・ワークショップによる青少年育成・自立支援・社会参加事業

(敬称略)

line_kokoro_2  

<2015年度子どもたちの“こころを育む活動”受賞団体の活動概要及び選定理由>

全国大賞(1団体)

【団 体 名】 鹿角市立八幡平(かづのしりつはちまんたい(中学校(秋田県鹿角市)

【活動名称】 八幡平ボランティアガイド
【所在地等】 所在地:〒018-5141 秋田県鹿角市八幡平字諸田4 -1   
TEL:0186-32-2226 FAX:0186-32-2227
E-mail:hachimantai-jhs@ink.or.jp
代表者:澤口康夫 担当者:駒木利浩
HP:http://www.ink.or.jp/~hattyuu/shindex.htm

【活動概要】
ふるさとの良さを再認識させ、地元に生きる誇りと気概を持たせること、人間関係力と自己肯定感を培うことを目的として、中学生による、地元・八幡平のボランティアガイドを行っています。
ガイド活動は、全校生徒99名を異学年からなる縦割り班に組み合わせて行うため、上級生のリーダーシップが重要となります。同学年では目立たない生徒でも、過去の経験を生かし、後輩のためにがんばる姿勢からは、自己肯定感、自己有用感が醸成されています。また、観光地におけるボランティアガイドは、初対面の観光客に声をかけるところから始まるため、自らを表現する姿勢も自ずと培われてきています。特に、お礼の手紙をいただくことで、満足感や達成感が増しているようです。
3年間の活動により、郷土を愛する心と自己肯定感や自己有用感、人間関係力が育まれつつあります。

【活動の3つの工夫】

進める工夫

観光物産協会や教育委員会、小学校と連携し、温泉施設や地域ボランティアの方にご協力いただいて活動を進めています。保護者や生徒、教職員へのアンケート結果を活動に反映しています。

広げる工夫

近隣小学校の生徒が作った米を観光客に贈呈したり、ガイドに取り組む隣接中学校や郷土芸能の保存会、地域の物産関係事業所と連携して活動の幅を広げ、郷土を愛する心を育んでいます

続ける工夫

市教委の協力で市バスの活用が認められ、移動手段が確保できました。今後は、保護者の高い支持の継続や教育効果の伸長を図り、地域全体が活性化する取り組みの構築を目指しています。

【参加者の声】
■観光客の方々に喜んでもらい、ほめられて嬉しかった。(1年生)
■ガイドを通して充実感や達成感が得られた。(3年生)
■地域の方たちから、知らないことを教えていただけた。(2年生)
■人との交流や言葉遣いは、今後に役立つと思った。(2年生)
■縦割り班の中で、コミュニケーションがとれて良かった。
■八幡平中の誇れるものとしてガイドを続けていってほしい。

【選定理由】
ボランティアガイドという発想が、地域を知り、地域を伝える活動としてうまく教育に落とし込まれ、中学生のこころを育む環境づくりに役立っています。
このサービスラーニングの視点から学びを地域に生かす取り組みは、今後、東京オリンピックを視野に入れ、広がりが期待される活動です。子どもたちは、生徒同士の交流や学び、学校や事業所など他者との関わりの中で郷土愛を育み、地域に貢献する経験が、対面コミュニケーションのトレーニングにもなっています。

【活動のようす】

鹿角市立八幡平中学校イメージ1

全校生徒が異学年の班で協力し合い、地元・八幡平を魅力的にガイドしています。手作りのボードや資料、記念品も用意します。

鹿角市立八幡平中学校イメージ2
主体性を育むため、観光客への声かけからガイドがスタート。少しの勇気とリーダーシップ、チームワークが大切です。

鹿角市立八幡平中学校イメージ3
ガイド地の温泉は休憩所に、地元の団体はガイドの先生になって、子どもたちをサポート。目的に添った連携の仕方も学びます。

鹿角市立八幡平中学校イメージ4
八幡平が好きと答える生徒が年々増加。平成27年度中間評価では88%となった。

鹿角市立八幡平中学校イメージ5
小学校で収穫した八幡平産あきたこまちを記念にプレゼント。

鹿角市立八幡平中学校イメージ1

ガイドマニュアルを作成し、外部の方々の助言を受けて、校内・実地で何度も練習します。
上級生のリーダーシップが光ります。

鹿角市立八幡平中学校イメージ7
活動後の報告会は、学んだことを共有し、さらに発信する機会になります。また、感謝の手紙には、感動とやる気をいただいています。

鹿角市立八幡平中学校イメージ8
修学旅行でも配布した「鹿角の見所」パンフレット。(中3)


優 秀 賞(2団体)

【団 体 名】 一般社団法人 キッズ・メディア・ステーション(宮城県仙台市)
【活動名称】 つくる力・つたえる力・つながる力を育む「石巻日日こども新聞」
【所在地等】 〒980-0011宮城県仙台市青葉区上杉5-3-47-202
TEL・FAX:022-721-3143
E-mail:info@kodomokisha.net
代表者:太田 倫子 担当者:太田 倫子
HP: http://www.kodomokisha.net/
【活動概要】 東日本大震災を経験した子どもたちが、その経験を乗り越えて力強く生きる力を身につける
こと、地域内外に災害の記憶を伝え、関心と備えを喚起することを目的に、石巻の子どもた
ちによる取材活動で石巻の今を伝える「石巻日日こども新聞」を発行しています。石巻日日
新聞社の協力を得て2012年3月11日に創刊し、ブランケット判カラー4Pの新聞を年4回発行
、2015年12月現在の発行部数は5万部です。表現力やコミュニケーション力を磨くワーク
ショップも開催。経験や気づきを情報として発信すること、取材を通じてよきロールモデル
としての大人と出会うことが、子どもたちの心を開放し、モチベーションを高めています。
【選定理由】 震災で壮絶な体験をした子どもたちが、表現によって心のアウトプットを図る取り組み。地
域を知り、伝え、広げていくキャリア教育が企業やNPO、学校との連携で成果を上げていま
す。
line_kokoro

【団 体 名】 とどろみの森学園 箕面市立止々呂美(とどろみ)小・中学校(大阪府箕面市)
【活動名称】 とどろみに生きる
【所在地等】 〒563-0257大阪府箕面市森町中1-23-14
TEL:072-739-0087 FAX:072-739-2560
E-mail:ichihara_yoshinori@mail1.koumusb.net
代表者:市原 義憲 担当者:奥畑 仁
HP: http://www.city.minoh.lg.jp/todorominomori/
【活動概要】 地域の自然を愛し、地域産業を守り、受け継いでいく使命を自覚することで、自分や周りの
人、社会を見つめ、たくましく生き抜く人を育てることを目指しています。小・中一貫教育
の利点を生か3年間かけてステップアップするプログラムにより、子どもたちは認知症に
ついて知識をし、1~9年生の縦割り活動、全教員が年1回ずつ行う研究授業、全学年に共
通した学びのスタイルの確立など、子どもたちの生きる力を育む「モリ森プラン」を作成。
また、地域と連携して、花いっぱい運動、びわの袋かけ、山椒の樽漬け、ユズ・シイタケ栽
培、防災キャンプ、生物学的水質調査、稲作、オオムラサキの飼育・放蝶、里山への道づく
りと植樹、炭焼き体験、間伐体験など、多彩な自然・産業体験を各学年で行っています。

【選定理由】 9年間を見通して、地域の自然や産業、さらには人間や社会を理解し、愛情を育てるという
トータルな取り組み。形式的ではない真の体験学習が、地域への愛着と参加意識を育んでい
ます。

奨 励 賞(1団体)

【団 体 名】 特定非営利活動法人 湘南市民メディアネットワーク(神奈川県藤沢市)
【活動名称】 映像制作授業・ワークショップによる青少年育成・自立支援・社会参加事業
【所在地等】 〒251-0057 神奈川県藤沢市藤沢93 新堀学園ライブ館2階
TEL・FAX:0466-47-7765
E-mail:info@scmn.info
代表者:森 康祐 担当者:中野 晃太
HP: http://scmn.info
【活動概要】 青少年を対象に映像制作の授業やワークショップを行い、社会や世界への新たな視点の発見
や表現力、コミュニケーション能力を高める機会を作っています。また、作品発表では、参
加者各自が視点の持ち方や多様性を学び、認め合いながら自己肯定感が高められるようサ
ポートしています。総合高校や大学の学生には、NPO団体のPR映像作りを指導する活動、不
登校・ひきこもりの青少年には映像制作の授業やワークショップを行う活動と、対象別に2つ
の方向性を持つ映像制作指導を展開。7年間の活動実績により周囲の理解を深め、協力体制が
充実しました。今後に向けて、学童保育や小中学校など公教育内への展開も検討していま
す。
【選定理由】 青少年育成に映像制作を用いる切り口が、現代的でユニークです。
7年間の実績は多くの専門家と子どもたちの興味を引き込み、今後のブラッシュアップに期待
できる効果的な活動になっています。

協賛
  • TOYOTA
  • Panasonic
後援
  • 文部科学省
  • 東海旅客鉄道株式会社
  • 讀賣新聞
top