本文へジャンプ
最新レポート

2017年度 子どもたちの“こころを育む活動” 受賞者 決定!

  • 2017年12月20日
  • 子どもたちの「こころを育む活動」

line_kokoro

  • 募集概要
  • 2016年度表彰式
  • 過去受賞

この度は、「子どもたちの“こころを育む活動”」募集にたくさんのご応募をいただき、

ありがとうございました。厳正なる選考の結果、下記の通り、8件の授賞が決定いたしました。

line_kokoro_2

全国大賞 (1団体)

長野市立 城東小学校

活動名称  「共に学ぶ長野ろう学校との41年目の交流活動」
~共生社会の形成に向けて6年間の継続交流~

所在地    長野県長野市三輪6丁目14-30

優秀賞 (2団体)

やかげ小中高こども連合YKG60

活動名称  「こどもが主役のまちづくり」

所在地    岡山県小田郡矢掛町矢掛2543-1

社会福祉法人 宇多津町社会福祉協議会

活動名称  「『ボランティア銀行』事業 」

所在地    香川県綾歌郡宇多津町1900番地

奨励賞 (5団体)

特定非営利活動法人 あおもり若者プロジェクト クリエイト

活動名称  「クリエイトまち塾
~まちでの挑戦を通じて 故郷を知る、未来を拓く~」

所在地    青森県青森市千刈1丁目3-1

岐阜県恵那市立 串原小学校・中学校

活動名称  「小さな学校 大きな教育
~ふるさとコミュニティによる小中一貫ふるさと教育~」

所在地    岐阜県恵那市串原4083番地2

一般社団法人 四日市大学エネルギー環境教育研究会

活動名称  「ESDアクティブ・ラーニングによる出前授業
~学校教育、社会教育で、持続可能な社会のための“人づくり”~」

所在地    三重県四日市市萱生町1200番地

登美ヶ丘北中学校区地域教育協議会

活動名称  「とみきたスクール」

所在地    奈良県奈良市北登美ヶ丘1-1-1 登美ヶ丘北中学校内

志免(しめ(町立 志免(しめ(南小学校

活動名称  「共に生きる ~心のバリアフリー~」

所在地    福岡県糟屋郡志免町大字吉原556

line_kokoro_2  

<2017年度子どもたちの“こころを育む活動”全国大賞の活動概要及び選定理由>

全国大賞(1団体)

【団 体 名】 長野市立 城東小学校

【活動名称】 共に学ぶ長野ろう学校との41年目の交流活動」
~共生社会の形成に向けて6年間の継続交流~

【所在地等】 長野県長野市三輪6丁目14-30
TEL:026-234-1226
代表者:校長 中村 和雄 担当者:教頭 中沢英明
HP:http://www.nagano-ngn.ed.jp/jyotojs/

【活動概要】 城東小学校と長野ろう学校の子どもが6年間の継続した
交流を行うことを通して、相互理解を深め、人間性豊かな人格の形成を目指す活動。
日頃の授業や遠足、社会見学、合同運動会、クラブ活動を一緒に行いながら、
お互いを理解し合い、関わりを深めている。

【活動の様子】

2016年度受賞者決定

         発足式 学年毎に工夫してレクなどを通して交流              給食も一緒にいただきます


2016年度受賞者決定

    交流運動会 両校児童会長が選手宣誓。全種目を一緒に実施              プール交流
      組体操は練習を重ね、こころをひとつにして成功                   肩をポンと叩いて合図します


2016年度受賞者決定

         音楽会 手話、ボディパーカッションで歌います              まとめの会 互いの1年間の振り返り



【選定理由】
共生社会を目指し41年の交流活動を継続された実績。小学校6年間を通して、城東小学生と長野ろう学校生がこころを通わせながら共に成長できる貴重な交流経験となっている。交流活動は、イベント型でなく、また特定学年でなく、日常の取り組みになっている。

         <優秀賞の活動概要及び選定理由>

優 秀 賞(2団体)

2016年度受賞者決定

子どもたちの意見からスタートした
ゴミ問題を考えるワークショップ

【団 体 名】 やかげ小中高こども連合YKG60
【活動名称】 こどもが主役のまちづくり
【所在地等】 岡山県小田郡矢掛町矢掛2543-1
TEL:090-9508-7728
代表者:共同代表 井辻 美緒・室 貴田輝
HP: https://www.facebook.com/YKG60/?
fref=ts

【活動概要】 小・中・高校生が集まり、地域の課題や活性化に
ついて話し合い、イベントの開催や魅力を発信する
活動を実施。

【選定理由】 年齢層の違う子どもたちが、それぞれのアイデアを出して主体的に企画、活動している。

line_kokoro

2016年度受賞者決定

ボランティア銀行の通帳に貯めた
ハートで、車いす等を寄付

【団 体 名】 社会福祉法人 宇多津町社会福祉協議会
【活動名称】 「ボランティア銀行」事業
【所在地等】 香川県綾歌郡宇多津町1900番地
TEL:0877-49-0287
代表者:会長 谷川 俊博
HP: http://utazushakyo.org/
【活動概要】 小・中学生がボランティア活動を行い、お金の
代わりにボランティア通帳にハート預金を
貯め、その貯めたハート預金で、車いす購入など
寄付を行う活動。

【選定理由】 ボランティア銀行というシステムがユニークで、奉仕活動をすることへの動機づけを
高めている。

         <奨励賞の活動概要及び選定理由>

奨 励 賞(5団体)

2016年度受賞者決定

商店街の人を先生とし、
高校生がまちづくりに取り組む

【団 体 名】 特定非営利活動法人 あおもり若者プロジェクト クリエイト
【活動名称】 クリエイトまち塾
~まちでの挑戦を通じて 故郷を知る、未来を拓く~
【所在地等】 青森県青森市千刈1丁目3-1
TEL:080-1808-3018
代表者:理事長 久保田 圭祐
HP: http://www.aocre.com/
【活動概要】 高校生を対象に、商店街と連携し、学校、商業者、
若手市民など地域全体を巻き込み、通年型社会教育
プログラム「クリエイトまち塾」を実施。

【選定理由】 地域の商店街をフィールドに、多くの関係者を巻き込んだ学び多い活動。

line_kokoro

2016年度受賞者決定

自然、伝統文化の継承

【団 体 名】 岐阜県恵那市立 串原小学校・中学校
【活動名称】 小さな学校 大きな教育
~ふるさとコミュニティによる小中一貫ふるさと教育~
【所在地等】 岐阜県恵那市串原4083番地2
TEL:0573-52-2500
代表者:校長 西田 拓郎
HP:串原小学校 http://www.ena-gif.ed.jp/kushihara-e
串原中学校 http://www.ena-gif.ed.jp/kushihara-j
【活動概要】 ふるさと串原の伝統文化や自然環境、地場産業について学ぶ
ことにより、子どもが故郷に誇りと愛着を持ち、継承し、
ふるさと再生を目指した活動。

【選定理由】 地域性を重視し、伝統文化、自然をうまくいかした多種多様な活動。

line_kokoro

2016年度受賞者決定

充実した組織で、地域の中で
環境問題をテーマに課題解決

【団 体 名】 一般社団法人 四日市大学エネルギー環境教育研究会
【活動名称】 ESDアクティブ・ラーニングによる出前授業
~学校教育、社会教育で、持続可能な社会のための“人
づくり”~
【所在地等】 三重県四日市市萱生町1200番地
TEL:059-343-1414
代表者:会長 新田 義孝
HP: http://yokkaichi-ene.com/
【活動概要】 地域で起きている課題に向き合い、子どもが積極的に思考し、
心に届く出前授業で、グローバルな人材を育成する活動。

【選定理由】 大学とも連携できる充実した組織で、環境問題をテーマに地域で課題解決型の学びを展開。

line_kokoro

2016年度受賞者決定

全国初「ひつじの放牧」で自然体験

【団 体 名】 登美ヶ丘北中学校区地域教育協議会
【活動名称】 とみきたスクール
【所在地等】 奈良県奈良市北登美ヶ丘1-1-1  登美ヶ丘北中学校内
TEL:0742-43-0176
代表者:会長 村内 俊雄
HP: http://tomikita.main.jp/
【活動概要】 地域で子どもを育てる意識のもと、通年の「とみきた塾」、
夏の「サマーセミナー」、日本初の「ひつじの放牧」など
プログラム10種以上の地域活動。

【選定理由】 地域協働をコミュニティの側から仕掛け、アイデア豊かな多様なプログラムを展開。

line_kokoro

2016年度受賞者決定

校内の空き教室に障害者作業施設
「ふれあいの部屋」で日常的に交流

【団 体 名】 志免(しめ(町立 志免(しめ(南小学校
【活動名称】 共に生きる
~心のバリアフリー~
【所在地等】 福岡県糟屋郡志免町大字吉原556
TEL:092-936-1900
代表者:校長 小南 裕彦
HP:志免南小学校
http://www.town.shime.lg.jp/site/ms/
ふれあいの部屋(社会福祉法人 柚の木福祉会 福祉創造塾)
https://yuzunokifukushikai.wixsite.com/fureai
【活動概要】 空き教室を活用した障がい者作業施設「ふれあいの部屋」で、
年間を通して様々な活動で、児童と利用者が交流する活動。

【選定理由】 学校の空き教室に福祉施設を設置したことで、子どもと作業者の間での日常的な交流活動。
後援
  • 文部科学省
top