こころを育む総合フォーラム
 
ホーム こころを育む総合フォーラムとは 全国運動 有識者会議 提言書申込 声の欄(休止中)
子どもたちのこころを育む活動 シンポジウム 全国キャラバン

ホーム > 全国運動 > 子どもたちの“こころを育む活動”

「こころを育む総合フォーラム全国運動」について
 

 当フォーラムは、2007年1月に発表した提言の内容を具体化するきっかけづくりとして、全国各地ですでに実践されている子どもたちの“こころを育む活動”を支援してまいります。あわせて、子どもたちの“こころを育む活動”に携わる個人および団体の活動事例を募集し、優れた活動を表彰して広く紹介します。

 子どもたちのこころを育むことを目的として、すでに多くの人びとが地道に継続的にすばらしい取り組みをしている事例が全国各地にあります。提言書がささやかなきっかけとなって、さまざまな取り組みとの連携の兆しも芽生えております。その連携を強め、「こころを育む」運動の輪をさらに全国に広げていく取り組みを加速したいとの思いから、全国運動を展開しています。


2012年度子どもたちの「こころを育む活動」の受賞者が決定しました

  今年度は、団体・個人合わせて169件の応募をいただきました。厳正なる選考の結果、16件の授賞が決定いたしました。
受賞者の一覧はこちら こちら→

◆団体の部 全国大賞
東中ファミリーサポーターズ・東中地域活性隊(兵庫県)
『地域と生徒との「共育・協育・今日行く」双方向の活動


【活動概要】
●東中ファミリーサポーターズ
学習支援・校内整備などの学校サポート活動を行う、地域住民と保護者によるボランティア組織(地域)
2009年、伊丹市立東中学校PTAなどが、当時荒廃していた学校の立て直しや学力向上を目指し、土曜学習実施を求める声を上げ、土曜日の学習会「サタスタ東」がスタート。地域住民と学校が連携し、以前から行われていた整備活動や新たな活動を集約しながら、地域・学校・家庭が協力して子育てできる環境づくりを目指し、組織化した。地域の高校生〜83歳がメンバーとして登録しており、登録者以外も活動に自由に参加している。


学校図書館で整備活動を行う「東中ファミリーサポーターズ」ボランティア 大学生ボランティアらが中学生の学習をサポートする土曜日の学習会「サタスタ東」

●東中地域活性隊
東中学校有志の生徒による、地域貢献を目的としたボランティア組織(生徒)
PTAと生徒会の意見交換会で、生徒から「お世話になっている地域に恩返しがしたい」「自分たちもボランティアをやりたい」という声が上がり、PTAと共に地域イベントに参加。これをきっかけに、顧問教員がつき、希望する生徒が登録する部活動のような形で組織化された。現在80名の生徒が登録し活動している。


「東中地域活性隊」による交流イベント  
 
表彰式を2013年2月1日(金)に、東海大学校友会館(東京都千代田区霞ヶ関)で開催しました。(詳細はこちら
       


2012年度 子どもたちの「こころを育む活動」の募集は、9月30日
ドットライン

 
2012年度 子どもたちの「こころを育む活動」の募集は、9月30日
をもちまして終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
選考の結果は、2012年12月下旬(予定)に当フォーラムホームページ
にて発表いたします。
       


2010年度子どもたちの「こころを育む活動」の受賞者が決定しました

  今年度は、団体・個人合わせて211件の応募をいただきました。厳正なる審査の結果、17件の授賞が決定いたしました。
受賞者の一覧はこちら

◆団体の部 全国大賞
 石榑(いしぐれ)の里コミュニティ(三重県)
 「子どもは地域の宝 地域全体で子どもを守り育てる」
 〜交流・協働・共育の学校づくり、人づくり、里づくり〜


【活動概要】
小学校を拠点に「学校、人、里づくり」に取り組む、地域住民・団体を結ぶネットワーク
2002年、校舎の建替計画のため地域住民・有識者らを集めた「建設委員会」が発端。ワークショップを行い校舎の活用方法などを検討する中で、学校支援・子どもの健全育成・地域の絆づくりへ目的が発展し、組織化へ。石榑小学校を拠点に、地域住民から「できる人ができる時にむりなく楽しく」参加し、「地域と学校が力を合せて子どもを育てる」「交流による学校づくり、人づくり、里づくり」を活動理念として、さまざまな取組みを企画・運営している。

「見守り隊」と共に班毎に
下校する子どもたち
月1回実施されている校内清掃活動


表彰式・シンポジウムを2012年2月4日(土)に、東京都渋谷区の津田ホールで開催しました。(詳細はこちら

       


読売新聞のニュースサイト YOMIURI ONLINEにコラムが掲載されました
ドットライン

 
2011年度 子どもたちの「こころを育む活動」の募集は、9月30日
をもちまして終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
選考の結果は、2011年12月下旬(予定)に当フォーラムホームページ
にて発表いたします。
       


読売新聞のニュースサイト YOMIURI ONLINEにコラムが掲載されました
ドットライン

 
●2011年2月2日
 ニュースサイトYOMIURI ONLINE「いのちのバトンタッチ」とは
       


2010年度子どもたちの「こころを育む活動」の受賞者が決定しました

  今年度は、団体・個人合わせて190件の応募をいただきました。厳正なる審査の結果、14件の授賞が決定いたしました。
受賞者の一覧はこちら

◆団体の部 全国大賞
 特定非営利活動法人 オバパト隊(熊本県)
 「オバパト隊(オバタリアンパトロール)」


【活動概要】
地域の高齢女性「オバパト隊」を中心に、地域ぐるみで進める防犯・食育・福祉活動
平均年齢73歳の女性129名からなる「オバパト隊」が、子育て経験と時間的余裕を活かして、毎日昼夜、校区の見守りパトロールを行い、子どもと高齢者へ声かけを行っている。また、命の大切さを伝える「小さな小さな光の玉の話」講演・心と体を作る食の大切さを伝える食育研修会の開催・勉強会を通して、地域の交流を図り防犯意識を高める「オバパト大学」開校・犬の散歩とパトロールを合わせることで若い世代を取り込んだ「わんわんパトロール隊」結成など、さまざまな活動を通して、安心して子育てができる環境づくりを進めている。
2005年に設立され、現在の会員数は、210名(女性グループ「オバパト隊」129名・男性を含む「オバパト大学」81名)。小中学校・教育委員会・警察・行政・社会福祉協議会・防犯協会など地域の団体と連携しており、地域に活動の輪が大きく広がっている。
活動は6年間継続し、校区内の犯罪は減少している(前年より40%減)。
オバパト隊(オバタリアンパトロール)
表彰式・シンポジウムを2011年2月5日(土)に、東京都渋谷区の津田ホールで開催しました。(詳細はこちら

       


読売新聞のニュースサイト YOMIURI ONLINEにコラムが掲載されました
ドットライン

 
●2010年2月24日
 ニュースサイトYOMIURI ONLINE「こころを育む運動」に思う
       


2009年度子どもたちの「こころを育む活動」の受賞者が決定しました

  この度は、「子どもたちの"こころを育む活動"」募集にたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。厳正なる審査の結果、16件の授賞が決定いたしました。
受賞者の一覧はこちら

◆団体の部 全国大賞
 山形県立置賜(おきたま)農業高等学校演劇部(山形県)
 「食育ミュージカルによる豊かなこころを育む活動」


【活動概要】
オリジナルの食育ミュージカルを制作し、食とこころのつながりを伝える公演を行っている。公演は、子どもや保護者などの観客に食育の場を提供すると共に、高校生部員たちに自信や達成感を与えている。幼稚園や小・中学校のほか、食育関連団体やPTAからの依頼などもあり、公演先が幅広く、異年齢交流の機会ともなっている。3年間の活動で、公演回数は40回、動員観客は5,000人を超える。

食育ミュージカルによる豊かなこころを育む活動

       


2008年度子どもたちの「こころを育む活動」の受賞者が決定しました

 
受賞者の一覧はこちら
パンフレット
こころを育む総合フォーラム全国運動
受賞事例集
 パンフレット表紙 pdfPDF 368KB
 活動のご案内 pdf1.7MB
 受賞事例紹介 全国大賞/特別賞 pdf2.3MB
 受賞事例紹介 ブロック大賞   pdf3.4MB
 受賞事例紹介 個人賞/奨励賞  pdf4.3MB

クリックしてダウンロード↑

       


読売朝刊紙上に“「こころ」の戦後史を語ろう”として掲載されました
ドットライン

 
       


記者発表を実施しました
ドットライン

   「こころを育む総合フォーラム 全国運動」の実施に当たり、座長の山折哲雄(国際日本文化研究センター 名誉教授)と遠山敦子(松下教育研究財団 理事長)が、2008年6月25日に日本プレスセンター(東京・内幸町)において、記者発表を行いました。

記者発表

 記者発表について、7月2日の読売新聞朝刊(PDFファイル:868KB)に掲載されました。

[このページの先頭へ戻る]

       

PDF形式のファイルを開くには、Adobe(R) Acrobat reader が必要です。お持ちでない方はアイコンをクリックし、Adobe社からダウンロードしてご利用ください。(無償)