こころを育む総合フォーラム
 
ホーム こころを育む総合フォーラムとは 全国運動 有識者会議 提言書申込 声の欄(休止中)
子どもたちのこころを育む活動 シンポジウム 全国キャラバン

ホーム > 全国運動 > 子どもたちの“こころを育む活動”2011年度受賞者> ぱん・ぱん・ぱんぷきん(北海道)


ぱん・ぱん・ぱんぷきん(北海道)

ドットライン

【活動テーマ】
こどもと大人がつくる日本一小さな遊〜遊〜村・村づくり事業

【活動内容】
子どもと大人が学び合う協働事業
地域の小・中・高・大生376人と、大人51人が「村人」として協力し合い、子育て支援の場「遊〜遊〜村」づくりを行っています。地域の技術者が参加し、子どもたちを指導しながら、水を確保するための井戸ボーリングをはじめ、森や農園の整備・古民家の移築・石窯や炭窯づくりなどを実施しています。子どもたちにさまざまな体験と友達づくりの場を提供すると共に、地域の大人も子育て支援を通して学んでいく「共育」のシステム形成を進めています。

【活動の広がりなど】
高齢者が地域に復帰する受け皿に
10年間の活動継続により、成長した子どもが指導者となり参加するなど、人材の循環が始まっています。また、退職した高齢者をボランティアとして受け入れることで、高齢者は培った技術と経験を生かし、子どもたちはその技術を学び、世代間交流を深めています。少子高齢化が進み、世代の循環が難しい地域において、村づくり事業は、子育て支援と同時に高齢者の地域参加の受け皿としての機能も果たしています。



                 

他の受賞者の一覧へ